セレモニー&シンボルイベント

未来へ歩むわたしたちの、
今の想いをかたちにする。

南予に生きるわたしたちは、災害の記憶を風化させることのないよう、次世代に記憶を語り継ぎ、鎮魂の想いをつないでいきたい。きずな博では種々のイベントを通して、復興の過程でつながった内外の人たちとさらに絆を深め、感謝と創造的復興への決意をかたちにしていきます。

オープニングイベント
きずなサミット

きずなサミット
開催日時 2022年4月24日(日)(開場9;30) 10:00~12:00
場所 宇和島市 南予文化会館 メインホール

これまでの支援への感謝の気持ちや、復興に取り組む南予の姿、“いやしのふるさと”としての南予の魅力を発信する。地元住民団体などを招いて、復興における“人と人とのつながり”をテーマに「きずなサミット」を開催。

シンボルイベント
がいなんよ大学 in のむら

がいなんよ大学 in のむら
開催日 2022年5月
場所 西予市

西予市野村町で260年以上、酒づくりを営んできた緒方酒造。被災したこの酒蔵を拠点に、継続的に復興支援を行っている大阪大学や愛媛大学と連携し、「温故挑新」のテーマのもと、学びの機会や交流の場をつくっていく。

シンボルイベント
肱川船上ライブ

肱川船上ライブ
開催日 2022年9月上旬
場所 大洲市

平成30年7月豪雨で氾濫した、大洲のまちを流れる肱川(ひじかわ)。この河川敷に特設ステージを設置し、著名音楽家を招いて、屋形船から音楽を楽しむ新スタイルのライブを開く。地域の先人たちへの感謝と鎮魂、未来への願いを込めた灯籠流しも実施。

シンボルイベント
吉田秋祭り 絆イベント「一粒萬倍 A SEED」公演

 吉田秋祭り 絆イベント「一粒萬倍 A SEED」公演
開催日 2022年10月16日(日)
場所 宇和島市

古事記・神話篇をモチーフに、八百万(やおよろず)の神々と五穀が誕生するまでの物語を、地元舞踊家やアーティストとのコラボを通して、ライブ演奏で表現する総合芸術舞台。翌月実施の「吉田秋祭り」と合わせて、五穀豊穣への感謝と復興への祈りを込めた「一粒萬倍 A SEED」の公演を開催。

クロージングイベント
南予光の回廊

南予光の回廊
開催日 2022年12月
場所 南予各市町

今回の事業で深く結ばれた数々の絆を再確認し、創造的な復興を祈念するライトアップイベントを開催。地場産業である和紙を使い、地元の子どもたちがランタンを作成し、各地で灯す。きずな博最終日となる12月25日には、大洲市で閉幕セレモニーを開催し、オンライン中継も組み合わせ、会期中の成果を地域内外に発信。